エアリーク検査装置  気密検査の問題を解決するために

1.検査方法の変革

     エアリーク検査方法を一般的な加圧(陽圧)検査から当社独自の
     ノウハウを取り入れた真空差圧検査に変えました。

2. 多様な製品に対して各々に最適なシール冶具及びシールの選定と開発


3. 測定検査工程における良品とリーク品との確実な振り分け、検査ミスを
     なくすポカヨケ機構の設置

 

4. 作業性を考慮した装置レイアウト

エアジョーカー(一次側エア浄化安定槽)

計測機器の空気源をクリーン化し圧力と流量を安定化するために

1.製品に供給するエアをクリーン化し製品に極力ダメージを与えない

 

2.圧力を一定化し流量の脈動を抑えることで測定の安定化する

 

3.圧縮空気に含まれるドレインやオイルの混入を防ぐ

 

4.トレーサガス検査を実施している場合、基準となるゼロベース環境の
    安定化



 

真空差圧検査の適用例

多種多様な形、大きさで複雑な構造を持つ部品を製作できるアルミダイカストは自動車部品、機械部品として広く多く利用されています。製作工程上、完成品には使用目的に応じてリーク検査が必要となります。 ここに測定環境の温度に影響を受けず、製作後素早くリーク検査が行える当社の真空差圧検査機が活躍しています。

土壌呼吸サンプリングチャンバー/Co2フラックス測定チャンバー

土壌中のCO2フラックス測定や呼吸現象を周期的に安定的に測定するために  

1.測定環境を変えず、自然ままにデータを取る

 

2.傾斜のきつい場所でも密閉性を確実に保持

 

3.外気温の影響を最小限に抑え、測定チャンバー内の温度上昇を防ぐ

 

基準リーク量を可視化しました”バブルチェッカー”

漏れ基準、例えば、0.3ml/minが基準値であれば、その漏れ量を バブルチェッカーで作り、これを漏れマスターとして製品と比較検査することで同一基準の漏れ検査が可能となります。

シール冶具の設計開発とシール材の適切なご提案

安定した精度の高いリーク検査を維持するために 製品検査には各製品にマッチしたシール冶具とシール材が重要 シール材、シール冶具の耐久性にも着目し提供しています

工業高校、大学、研究機関の観測機器、部材、道具の開発試作

1.工業高校実習機器の製作


2.大学卒論学生実験装置の企画


3.大学や研究機関等で必要となる特殊な観測機器や機材や道具の提供


4.極地における観測収集用容器や研究機関等の培養チャンバーなど。

お客様の声を聞くことから始めます

センサは聞くことから始めます。 何をどうしたいのかをお話ください。 必要によっては対象物を提供していただき、試験データー採集をし、 最適条件を提案します。